• トップ >
  • NEWS >
  • 【取扱開始】フレンチウイスキー「ロゼリュー」

フレンチウイスキー「ロゼリュー」取扱開始

News
*

SDGsを具現化した、これぞ次世代のためのウイスキー
シングルモルト フレンチウイスキー「ロゼリュー」

完全自社生産・循環型蒸留所

ドイツとの国境に近いフランス北東部、ロレーヌ地方ナンシー近郊にあるロゼリューは所在地の村名を冠した家族経営の蒸留所で、穀物や麦芽の生産から熟成・瓶詰までの生産工程全てを自社で賄う、世界でも非常に珍しい生産者の一つです。

1877年グラレ家によって作られた農場を起源にしており、5代目当主が2001年に初めての蒸留を開始してから現在まで丁寧に1本1本のウイスキーが作られています。 

*
*
*

昨今スコッチウイスキーやジャパニーズウイスキーにおいて、新しい蒸留所から様々なリリースが相次いでいます。

新しい蒸留所も古くからの蒸留所もそれぞれが高い品質を目指しておりますが、その一方で、嗜好品であるウイスキーにも環境に配慮するという点が求められる時代となりました。

今回、取扱を開始するロゼリューについては、ただ環境に配慮するという点のみならず、生産工程におけるこだわりや丁寧さ、その哲学などの全てがこれからの時代に受け入れられるのではないかと考えました。

「ロゼリュー」の魅力を4つのキーワードでご紹介

  • Earth to Glass / 大地からグラスまで
  • 持続可能な生産
  • シングルエステートウイスキー / トレーサビリティ
  • フランス産シングルモルトの哲学 / フランスのDNA

Earth to Glass / 大地からグラスまで

*
「Bean to Bar」という言葉がありますが、これはチョコレートにおいてカカオ豆(Bean)を仕入れて焙煎・粉砕するところから、板チョコレート(Bar)になるまでの全ての製造工程を自社で一貫して行うことを指します。

既にブレンドされた板チョコレートを溶かし直して独自の味付けを行うのではなく、原料であるカカオ豆からこだわり抜いて作られる、チョコレート界のトレンドとも言えます。

一方でロゼリューは自らのウイスキーを「Earth to Glass」と謳っています。 (Whisky from the earth to the glass)

これは自らの手で大地(Earth)から大麦を育て、製麦や醸造、蒸留などウイスキーの製造工程全てを自社で一貫して行い、熟成後に瓶詰めされたウイスキーが、最終的にお客様のもとでグラス(Glass)に注がれるということを指しています。

シングルモルトで有名なスコットランドでさえ原料となる大麦麦芽を業者から仕入れることが多く、世界を見渡してもここまで一貫して自社でウイスキーを生産しているところは多くありません。

持続可能な生産

*
ロゼリューは「持続可能な生産」についての高い関心を持っており、そのために必要な施設を外部のパートナーと協力して敷地内に建設しました。

醸造及び蒸留といった生産工程において産出される残留物や使用済みの穀物を使い、自らが使うエネルギーを作り出しているのです。

現在では蒸留所で使うエネルギーの85%ほどを賄うまでになっており、ほぼ完全に近い形で循環型の蒸留所運営を実現しています。

また最近ではオークの木を所有地の森林から伐採し、数年後には熟成樽として使用を開始する予定です。

現在もバーボン樽やシェリー樽、ワイン樽などの他に地元産のオーク樽を使用していますが、今後その比率を上げることでより高いレベルでの地元産を実現しようとしています。

シングルエステートウイスキー / トレーサビリティ

*
ロゼリューを作っているグラレ家は農家をルーツとしており、自社でウイスキー用の大麦を生産しておりますが、「シングルエステート」としてその農地を区分けしています。

300ヘクタールの土地が18の区画に分けられ、地質も粘土質のものや石灰岩、シルト質のものなど多岐にわたっています。

もちろんこういった土壌というのは穀物の味と香りに大きな影響をもたらすため、ロゼリューでは多種多様で個性的なシングルモルトを作ることができるのです。

ウイスキーの生産者でこのように商品を作っているところはほとんどなく、フランスワインのブドウ畑のように大麦を作っていると言えます。

一部の限定品にはどの区画で育てられた大麦が使用されているのかが明記され、ぼ完全に近い形でトレーサビリティを確保しています。

フランス産シングルモルトの哲学 / フランスのDNA

*
シングルモルトとして世界的に有名なものはスコットランド産のスコッチウイスキーです。

ジャパニーズウイスキーはその歴史からスコッチをお手本にしていると言われますが、フランス産のシングルモルトはスコッチに似せようとしてはいないように感じられます。

ワインやコニャックなど多種多様な酒類を生産しているフランスでは、シングルモルトでも独自の路線、自分たちが飲んで美味しいもの、自分たちの理想を追及しているように見えます。

それは昨今流行りのヘビーピートであったり、樽の香味を最大限に原酒に移したり、そういったものとは対極にあるように思えます。

グランシャンパーニュ コニャックにある種の優雅さを感じ取ることができるように、ロゼリューのシングルモルトも優雅で華やかであり、大麦の豊かさを優しく味わうことができます。

スコッチやジャパニーズとはまた違う、フランスならではのシングルモルトをお楽しみいただけるはずです。
*
*
*