ロタン

Vermouth Routin

ベルモットとは、スティルワインに香草や薬草を浸透させて作られ、フレーバード・ワイン、アロマタイズド(香りを付けた、という意)・ワインとも呼ばれます。

  • カテゴリーワイン
  • 国名フランス
  • 地域サヴォア

ロタン ドライ&ルージュ

Vermouth Routin Dry & Rouge
Image01
Image03
  • 国名フランス
  • 地域サヴォア
  • 容量750 ml
  • 度数18度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)2,500円

ロタンは、フランス・アルプスのサヴォア地方にあるシャンベリーで生産されるフレンチ・ベルモットです。 1990年代半ばまで「シャンベリー・コモス Chamberry-Comoz」というベルモットが日本でも流通していましたが、買収により長らく生産がストップしており、幻のベルモットとなっておりました。ジャパンインポートシステムでは2005年より買収先の新しい会社へ交渉を続けておりましたが、商品のテイスティングを重ね2006年秋より、“生まれ変わったシャンベリー・コモス”であるベルモット・ロタンの輸入・販売を開始しております。 1890年にフィルベール・ロタン氏が開発したレシピと材料を現在でも使用しており、シャンベリー・コモスから変わらない味わいを引き継いでいます。サヴォアで特別に生産された白ワインに、35種類ものハーブやスパイス類を配合。また原料の味わいを生かすため、4~6ヶ月もの長期間におけるマセラシオン(浸漬)を行っています。添加物、保存剤などの使用も一切ありませんが、最大の特徴はサヴォワ地方の原材料しか使わない、唯一のベルモットであるということ。前世紀からの伝統を感じさせます。 現在日本へ輸入されている主なベルモットは10種類程度しかなく、その中でもシャンベリー・ベルモットは数種類に限られています。通常のフレンチやイタリアン・ベルモットとシャンベリー・ベルモットとの最大の違いは、その香りにあります。アルプスにあるシャンベリーの植物類を浸漬することで、独特の香味成分が発揮されるのです。通常のドライベルモットでは甘すぎたり軽すぎたりした方も、このロタンなら食前酒としてそのまま冷やして飲むだけで、今までのベルモットの価値観を変えてくれるはずです。また「マティーニにはシャンベリー・ベルモットを使う」というこだわりを持ったバーテンダーの方も多くいらっしゃいますが、このロタンならシャープで華やかなマティーニを演出してくれるでしょう。赤のロタンも甘さ控えめで香り高い商品となっており、マンハッタンなどのカクテルはもちろん、軽く冷やすと食前酒から食後酒までオールラウンドに用いることが出来ます。ぜひ一度お試しください!