ビエール

Distillerie Bielle
Image01
Image02
Image03

マリーガラントは直径約15km、面積150ヘクタール程のとても小さな島で、ラムの生産が主な産業の一つになっていますが、マルティニーク産のラムとはまた一味違ったユニークで個性的なラムが多く存在します。ビエール蒸留所は、もともと同島に砂糖工場として200年程前に建てられましたが、前オーナーが1950年に買収するとともにラム蒸留所として稼動を開始。現蒸留所長のドミニク・ティエリー氏が1975年に経営と生産を受け継ぎ、現在に至っています。この蒸留所の最大の魅力である「ラム・ブラン(=ホワイトラム)」は、繊細かつまろやかな甘みが特徴です。

  • カテゴリーフレンチ・クレオール・ラム
  • 国名フランス
  • 地域マリーガラント島

ビエール ブラン

Bielle Rhum Blanc
Image01
Image02
  • 国名フランス
  • 地域マリーガラント島
  • 容量1000ml
  • 度数59度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

なんといってもこの蒸留所の最大の魅力はこの「ラムブラン」にあります。カリブで生産されるアグリコールラムは、特にブランの状態では非常にサトウキビの個性が強くでており、好みが分かれるという声が良く聞かれます。このビエールブランは、もちろんしっかりとアグリコールラムならではのサトウキビの風味がでていますが、その繊細かつまろやかな甘みは、ラムブランがどちらかというと苦手という人にもぜひ、飲んでいただきたい1本です。スタンダードクラスながら、これだけふくらみのあるしっかりとした甘みをもっているのはビエールならではでしょう。

ビエール アンブレ

Bielle Ambre
Image01
  • 国名フランス
  • 地域マリーガラント島
  • 容量700ml
  • 度数50度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

比較的熟成年数の若いこのアンブレですが、強烈な華やかさや深みのある複雑な香りと甘味は、この蒸留所ならではの特徴です。バーボンの古樽による2年熟成を経たこのラムは、看板商品であるラムブランの持つサトウキビの風味や自然な甘味と、熟成による樽の香り、両方を持ち合わせています。一度はぜひお試しいただきたい1本です!

ビエール ラム ビュー 2006

Bielle Rhum Vieux 2006
Image01
Image01
  • 国名フランス
  • 地域マリーガラント島
  • 容量700ml
  • 度数42度
  • ビンテージ2006年
  • 参考小売価格(税抜)オープン

バーボン樽で4年間の熟成を経た後、さらにコニャック樽に移してさらなる風味をまとったビンテージ熟成ラムです。しなやかでフルーツとスパイスの香りが見事に融合したレベルの高いラムに仕上がっています。もちろんノンフィルターによる瓶詰めなのでこの島ならではの野趣あふれるサトウキビの味わいが存分に味わえます。

ビエール ラム ブリュット ド フ

Bielle Rhum Vieux Brut de Fut
Image01
Image01
  • 国名フランス
  • 地域マリーガラント島
  • 容量700ml
  • 度数55度
  • ビンテージ2003年
  • 参考小売価格(税抜)オープン

ビエールの素晴らしいブランをバーボン樽にて7年間熟成させた、ファン垂涎の限定品です。美しい黄金色をまとい、繊細な甘みは残しつつ、非常にフルーティで、香り高い熟成ラムへと変貌を遂げました。マリーガラントの熟成ラムは市場にもそんなに多くはありませんので、お見逃しなく!

ビエール ラム・ビュー カラフェ

Bielle Rhum Vieux Carafe
Image01
Image01
  • 国名フランス
  • 地域マリーガラント島
  • 容量700ml
  • 度数45度
  • ビンテージ1998年
  • 参考小売価格(税抜)オープン

熱狂的なファンを持つマリーガラント島のビエールより、貴重な90年代ビンテージです!ヨーロッパの熟成条件と違い、10年を超える熟成品が非常に貴重なだけに、ラムファンならずとも、ぜひ飲んでいただきたい1本です。1998年に蒸留、樽詰めしたラムを2009年に瓶詰めした商品で、11年熟成品となりますが、ヨーロッパなどのより涼しい地域で20年以上熟成したものにも勝るとも劣らない、ふくよかで複雑な風味をかもし出しています。
オーク樽由来のバニラ風味とジャムのような凝縮したフルーツの風味が、抜群のバランスで溶け込んでおり、ビエールの誇る最高品質品にふさわしい、柔らかくて深みのある味わいを堪能できることでしょう。