ネイソン

Neisson
Image01
Image02
Image03

第二次世界大戦に前後して建てられたマルティニーク島の蒸留所の中でも、ネイソンは最も古い蒸留所です。そして現在まで家族経営でていねいにラムを生産しています。

1931年にエイドリアン・ネイソンとその弟ジーンは、サン・ピエールに近いラ・カルベという町にあるチュベールという地域を購入します。当初は小規模生産ではありましたが、購入した43エーカーの畑はすぐに不足し、さらにサン・ピエールにも土地を借りました。小さいながらも新しい蒸留所が建設され、当時の最新機器や1880年から使用されてきたボイラーも設置されました。ネイソンのラムは徐々に地元マーケットに浸透し、ゆっくりと売上げを伸ばしていきました。

その後、ジーンはパリで輸出入部署を立ち上げ、ネイソンの流通ネットワークを確立。ネイソンのラベルデザインも考案し、ブランドを確固たるものにしていきました。また、1958年にはジーンが改造した新しい蒸留塔が導入され、劇的にラムの品質が向上。現在でもまだこのスチルは使用されており、ネイソンの高い誇りと品質を支えています。1971年にエイドリアンが、1986年にジーンが逝去すると、蒸留所の稼動が一時不安定になりましたが、ジーンの娘であるクラウディーン・ネイソン・ベルナントは亡父の遺志を尊重し、1995年に自身もラムの生産に携わる決意を固める一方で、息子のグレゴリーに蒸留所の経営を一任します。二人は経験豊富なスタッフに支えられながら、蒸留所の改築・近代化を進め、現在までに高い品質のラムを生産しています。

  • カテゴリーフレンチ・クレオール・ラム
  • 国名フランス
  • 地域マルティニーク島

ネイソン ブラン 52.5%

Neisson Blanc 52.5%
Image03
  • 国名フランス
  • 地域マルティニーク島
  • 容量700 ml
  • 度数52.5度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

マルティニークで最も歴史の古い蒸留所の一つ、ネイソンのプレミアム・ラムブランです。糖度が高い特別なサトウキビを使用し、段階的に加水をおこなうというこだわりのホワイトラム!ほのかな甘みが秀逸です。

ネイソン ブラン 70% レスプリ

Neisson Blanc 70% L’esprit
Image01
Image03
  • 国名フランス
  • 地域マルティニーク島
  • 容量700 ml
  • 度数70度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

蒸留所近郊の畑でとれる特別なサトウキビを贅沢に使用しています。さらに加水をせず、蒸留したままの度数で瓶詰めをされた力強さとエレガントさを兼ね備えたプレミアム・ホワイトラムです。

ネイソン ブラン レスプリ ビオ

Neisson Blanc L’esprit Bio
Image01
Image03
  • 国名フランス
  • 地域マルティニーク島
  • 容量700 ml
  • 度数66度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

オーガニック農法で栽培された「レッドケーン」「カネル」「ジカク」3種のサトウキビを使用した、AOCマルティニーク初のエコサート認証済みラム。ボタニカルな香りとネイソン特有の柑橘を強く感じる味わいとフィニッシュ。

ネイソン エルベ・スー・ボア

Neisson Eleve Sous Bois
Image01
Image03
  • 国名フランス
  • 地域マルティニーク島
  • 容量1000 ml
  • 度数50度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

熟成ラムとブランの特徴をあわせ持つ入門的アイテム。島内で5ヶ所しかない銅製のクレオール蒸留器、自社畑製のサイトウキビを使用した9~17ヶ月間ステンレスタンクでの熟成品です。

ネイソン ラム・ビュー

Neisson Le Rhum Vieux
Image01
Image03
  • 国名フランス
  • 地域マルティニーク島
  • 容量700 ml
  • 度数45度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

バーで一番使いやすい味わいと評判です。ル・カルベという町にあるネイソン蒸留所の小さなセラーで36~60ヶ月熟成させた原酒を使用しています。