ポールジロー

Cognac Paul GIRAUD
Image01
Image02
Image03

ブランデーといえばフランス産が広く知られていますが、その中でもコニャック地方で生産されるブランデーは特に高い評価を受けています。総面積79,600ヘクタールの土地から生まれるコニャックは、芳香豊かなフランスを代表する蒸留酒として、現在でも老若男女を問わず広い世代に親しまれています。高級ブランデーとして昔から有名な銘柄のほとんどは、ここコニャック地方産のブランデーなのです。

しかし、ワインがそうであるように、コニャック地方も6つの小さな地区に分けられ、ある地区は華やかでフレッシュ、またある地区はエレガントなライトボディというように、各地区で栽培されるブドウには個性があります。その中でも、最高峰として知られるのがグランシャンパーニュ地区。石灰質の土壌で栽培されるブドウは、アロマが凝縮された非常に良質なコニャックを生み、その良さは長期熟成をすることによって完全に開花するのです。

そのグランシャンパーニュ地区に、今では残り僅かな貴重な生産者が住んでいます。その名はポールジロー。ジロー家は400年前からこの地に根ざし、代々農業を営んできました。1800年代の後半からコニャックの生産を始め、現在に至るまで高品質なコニャックを生み出し続けています。

ジロー家のコニャックが貴重なのは、ジロー氏がコニャックに対して抱き続ける「コニャックは自然の賜物」という考えに集約されています。大手メーカーが機械化されているのに対し、彼は全てのブドウを一つ一つ手で摘み、品質を確認します。イーストを用いて時間を短縮した醸造ではなく、逐一ようすを確認しながらブドウを自然に発酵させます。また、一括して大量に蒸留するのではなく、片時も目を離さず樽に詰めるタイミングを計ります。彼自らが全ての工程を手掛け、膨大な時間と労力をかけながらていねいにコニャックを生産しています。

「私がしていることは特別なことじゃない。代々続いてきたことをやっているだけさ」と彼は語ります。そして「常にコニャックと向き合うこと、自然に従って決して無理はさせないこと。これが一番大切なのさ」とも。

  • カテゴリーブランデー,スピリッツ,リキュール
  • 国名フランス
  • 地域コニャック
  • カタログこちら

ポールジロー トラディション

Paul Giraud Tradition
Image01
Image01
  • 国名フランス
  • 地域コニャック
  • 容量700 ml
  • 度数40度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)7,400円

お求めやすい価格ながら、グランシャンパーニュ・ブードビル村のテロワールと伝統的な製法によるポールジローならではの味わいを楽しめる商品。

ポールジロー 15年

Paul Giraud 15YO Vieille Reserve
ポールジロー 15年
ポールジロー 15年
  • 国名フランス
  • 地域コニャック
  • 容量700ml
  • 度数40度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)11,500円

グランシャンパーニュは年を重ねるほどその良さを発揮しますが、15年はまさに「古酒の入り口」です。フレッシュな風味と熟成感のバランスが絶妙。(ラベルにVieille Reserve:ヴィエイユ・レゼルブの表記あり)

ポールジロー 25年

Paul Giraud 25YO Extra Vieux
ポールジロー 25年
ポールジロー 25年
  • 国名フランス
  • 地域コニャック
  • 容量700ml
  • 度数40度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)14,900円

25年の良さはその秀逸なバランスです。グランシャンパーニュ・コニャックとしての円熟感、そしてポールジローの醍醐味が存分に感じられる商品。(ラベルにExtra Vieux:エクストラ・ビューの表記あり)

ポールジロー 35年

Paul Giraud 35YO Tres Rare
ポールジロー 35年
ポールジロー 35年
  • 国名フランス
  • 地域コニャック
  • 容量700ml
  • 度数40度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)35,000円

35年の特徴は熟成感。角が取れた達人のような逸品。グランシャンパーニュ・コニャックの極みと言っていい程の、ある種の到達感が感じられます。(ラベルにTres Rare:トレ・ラールの表記あり、裏ラベルに35年の表記があります)

ポールジロー スパークリング グレープジュース 期間限定生産品

Paul Giraud Jus de Raisin Gazeifie
期間限定生産品
期間限定生産品
  • 国名フランス
  • 地域コニャック
  • 容量750ml
  • 度数0度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

ポールジローのスパークリンググレープジュースは、ポールジロー氏がコニャックを造るのに使用するユニブランを、そのまま搾って無添加のスパークリングジュースに仕上げている、年に一度の限定品です。まさしくポールジロー・コニャックの原点であり、飲んだ方だけが実感できるコニャックのルーツと言うことができます。2003年の発売開始より、毎年たいへんご好評をいただいており、毎年ご案内の際には氏のブドウ生育レポートも合わせてご案内しております。

  • ご注文いただいた数量のみ生産を依頼する、完全予約限定品です。
  • 毎年8月中旬~下旬頃に酒販店様、業務店様へのご案内を開始しております。
  • 一般のお客様はご案内開始時期に酒販店様へお問い合わせください。
  • 9月下旬~10月上旬頃にブドウの収穫が始まり、収穫後はそのまま無添加で、フレッシュなスパークリングジュースに仕上げられ、すぐに日本へ積送されます。
  • 例年12月中旬~下旬頃にお届けしておりますが、収穫や生産状況により越年する場合もございます。
  • ブドウは農産物であり、収穫量によってはご注文いただいた数量にお応えできない場合がございます。
  • ブドウが植えられている区画や収穫日によってジュースの色が異なる場合がございます。これは着色料を使用していないからであり、飲用に差し支えはございません。
  • 賞味期限は生産されてから約2年です(ラベルに記載)。冷暗所にて保存してください。

<2015年生育レポート>
とても雨が多く寒い春が終わり、通常より遅めではありましたが、ブドウの木はゆっくりと生長しています。 開花期は、通常5月の終わり頃に始まり、6月の第一週目にそのピークを迎えるのですが、今年は6月12日から20日にかけて花が咲きました。 運良く、その間の天候は良好で、一度大きな嵐が来て、風や60ミリもの雨に悩まされはしましたが、今ブドウは美しい実をつけています。10月の収穫期までに、病害、嵐、雹(ひょう)などさまざまなトラブルが起こるかもしれませんが、現時点では通常通りの収穫量を見込んでいます。 いつもポールジローのコニャックをご愛飲頂いている日本のお客様に満足して頂けるような、香り高いフレッシュなグレープジュースを今年もお届けできればと祈っています。

<2014年生育レポート>
とても雨の多い冬が明け、2014年に自然が目を覚ましたのは、だいぶ早かったようでした。そんなに寒くもなかったので、ブドウ畑も早めに活気づきました。ただ4月の環境はひどく、太陽は見えないし寒い夜が続きました:それまでに稼いでいたアドバンテージを、すべて使い切ってしまったようでした。6月25日に開花期が終わり、やはりアドバンテージを残せることなく、今に至っています。収穫は10月の最初の週になりそうです。ただひとついいことは、開花している間は暑く天気のいい日が続き、とても美しく育つであろうブドウの赤ちゃんが、顔を見せ始めていることです。大量にはできなさそうですが、品質はよさそうです。今年は特によい収穫ができたらいいなと、そう強く思っています。 先日ふと気づいたのですが、今年は私にとって、収穫40周年の記念の年でした。初めて父の横で収穫を手伝い始めたのが、1974年の10月でした。学校を卒業し、兵役を終えた、その年です。どちらにしても、今年のブドウは私にとって、特別な味わいになりそうです。

<2013年生育レポート>
1月からの半年はほとんど雨が降っており、ここはイングランドか!!!と思いたくなるような天気でした。もちろんそんなことはなく、自分たちはグランドシャンパーニュの中心にあるブートビル村で、この最悪な気象条件の下、眠れない日々をすごしていたのですが…。ブドウは育つために、太陽を好みます。ブドウの生長には開花の時期の太陽が特に大きく寄与しますが、ちょうど開花が始まるころ最初の太陽が顔を出し、晴天が続いたことは幸運でした。後は受粉がうまくいき、種子がたくさんできれば、できあがる量にも期待できます。現時点では、例年通りの量ができあがるのではないか、と希望をもてるようになりました。しかし同時に大事なのは、ブドウの実の質がとてもいいことと、葉っぱも同時に健康的に育っているということです。ですから今は、今年の初めよりはずっと、安心しています。

<2012年生育レポート>
お客様にはよく、ブドウ農家の仕事って毎年同じことを繰り返すだけだよね、ビンテージの味わいがX年とY年で違うだけでさ、なんていうことを言われます。 ところが現実はその真逆で、一年として同じ年はありませんし、自然から学ぶことというのは、一つであれ多であれ、尽きないものです。特に2012年の今年は、過去40年間の経験をもってしても初めてのことばかりの、特別な年になりました。 地球は温暖化しているとみな知っていますが、(今年の)フランスでは違うようで、今日まで3ヶ月も冷たい雨が降り続けています!!泉や河川、自然にとって、そして何よりMILDIOU(ベト病)にとって、最適な環境です。今年は毎日、まるで戦争のように、この病害と戦い続けた日々でした。 多くの友人のブドウ農家でも、この病害により収穫を諦めざるをえませんでした。幸運なことに私たちのところでは抵抗が成功し、あとは天の恵みを期待して、いい天気になってくれることを祈るのみです。しかし4月に実をつけ始めた木々を見て、その大きさやつき方から、今年は例年通りの量は得られないだろうと予測はしていました。が、今の事態はさすがに予想外で、驚いています。 とはいえ、自分は楽観主義なので、これから2ヶ月の間、素晴らしい天気と日光が与えられると思っています。でなければ、夏には必ず4週間の休暇をとって海岸でくつろぐフランス人と同じように、ブドウも夏を楽しめませんからね。 量ができなくても、品質の高いブドウになると思います。それにしても、人生は七転び八起きですなぁ!

<2011年生育レポート>
乾燥した暑い夏といって思い出せるのは、私の記憶が確かなら、1976年だと思います。この年には、9月27日に収穫をしました。5ヶ月間一滴の雨も降らなかったのに、収穫当日にはひどいストームが来て、2時間で160ミリも雨が降ったことを、よく覚えています。変ですよね?当時の収穫は、10月5日~10日の間に始めるのが、普通でした。 でも今年は、1976年の記録を塗り替えそうです。今のところ、9月5日前後が適当ではないかと予測しています。これは、1950年代、60年代、70年代と比べて1ヶ月も早いです。いったい、どうしてしまったんだろうと思います。 この地域としては冬は寒く、対して4月には数日間25℃~28℃という、いくぶん暑すぎるともいえる日がありました。5月には落ち着き温度が下がりましたが、カレンダーを見ていると、気候の変わり方が3週間ほど前倒しになっているのを感じます。そして絶対に、普通に戻らないのです。 唯一の、でも大きな問題としては、二日間だけ25ミリずつ降りましたが、それを除いて3月から雨がほとんど降っていないことです。畑はカラカラで、ブドウの実を重くするにはいまこそ雨が必要なときなのですが・・・さて、どうなることやら。 自分としては、自分はもとより私の親も、またコニャック地方内の誰も体験したことがないようなこの状況に、不安もありますし落胆もしていますが、でもブドウそのものの生育状態をみますと、とても健康ですし、大きくまた美しく育っていて、あとは雨が降ることと、暑すぎない普通の夏が来ることを、祈るばかりです。 天候でしたが、ブドウ畑にとってはまたとない好天気でした。人間にとって歓迎できないことでも、ブドウの花が実になるのには必要不可欠な条件もあるのです。幸い今年の夏はブドウの品質を高めるのに適した天候が続きました。目下ブドウの生育具合に注意を払い、病菌に犯されぬよう気をつけています。今年も収穫時期は10月ですが、去年より若干早めの10月2日に行おうと計画しているところです。