アンジュジアール

Ange Giard
カルバドス01
カルバドス02
カルバドス03

カルバドスは本来ノルマンディー地方の地酒であり、農民たちが自分達のために作って飲むものでした。彼らにとってリンゴは食生活に不可欠なもので、普段の食用として、またジュースやシードルなどの飲み物に加工したり、蒸留してカルバドスを作ったりしていました。現在、カルバドスのほとんどは専業メーカーが製造していますが、アンジュジアールは、リンゴの圧搾機や年代物の器具を使って農民が作った本物の自家製カルバドスを農家から買い付け、ブレンドすることなくそのまま瓶詰を行っています。カルバドス本来の素朴な味わいが大きな特徴であり、まさにノルマンディーの風土が感じられる農民の酒、カルバドスの原点といえます。

  • カテゴリーブランデー,スピリッツ,リキュール
  • 国名フランス
  • 地域ノルマンディー

セパージュ・カルバドス アップル100%

Cepage Calvados Apple 100%
Image01
Image02
  • 国名フランス
  • 地域ノルマンディー
  • 容量700ml
  • 度数40度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

休日の昼下がりにシャンパンで割ってお洒落に、またソーダやトニックウォーターで割るとパーティーにぴったり・・・そんなシーンには全く無縁だったカルバドスですが、このアンジュジアール社の“セパージュ・カルバドス”は、これまでほとんどカルバドスを飲んだことのない方にこそ強くおすすめしたい、そんなコンセプトで作られた全く新しいスタイルのカルバドスです。 ごぞんじのようにカルバドスとはリンゴや洋梨から作られるブランデーのことですが、あまり一般の方にはなじみのない酒類ではないでしょうか。弊社ではもっと多くの方々に、もっと気軽にカルバドスを楽しんでもらえないかと考え、ノルマンディーの農民が手掛けるカルバドスを瓶詰しているアンジュジアール社と共同で開発しました。

現在の日本では“トレーサビリティ”(生産や流通の履歴をたどれること)が見つめ直されていますが、この商品は無添加・無着色はもちろんのこと、裏ラベルに造り手が記載され、リンゴと洋梨(原料)の比率までもが判明しています。日本では多くのカルバドスが流通しておりますが、その多くはペイドージュやドンフロンテスといったAOCを記載しているだけで、実際にリンゴと洋梨がどれぐらいの比率で含まれているのかについては明記されておりません。しかしこの商品は単に“セパージュ”が分かるということだけではなく、一般のお客様が手にとった時に「このお酒はリンゴと洋梨で作られているのだ」ということが一目で分かることを念頭に開発されています。ラベルもお洒落なデザインに仕上がっており、バックバーや酒棚でもお客様の目を引きやすく、さらに一般のお客様にも広く受け入れていただける価格帯を目指しました。

冷凍庫で冷やしてそのままでも楽しめますが、ソーダやトニックで割ってもう少し気軽に楽しんでいただきたいカルバドスです。もちろんプロの方は、洋梨の比率が増えるとどのように味わいが変化していくのか、実際に味わってください。ちょっと工夫してジャックローズやブランデーベースのカクテルに応用するのも面白いかもしれません。

※セパージュとは
本来はワインにおけるブドウ品種の割合を指す用語です。このカルバドスはリンゴと洋梨の比率や品種が判明している稀少な商品なので、“セパージュ・カルバドス”と名付けられています。

生産者:ローラン・シャル氏
原料比率:リンゴ100%
2006年8月23日蒸留・オーク樽で3年半熟成
フランス・ノルマンディー地方の中心地にあるシャル家の畑は、わずか6ha。その小さな畑の一角に、90本の林檎の木が植えられています。同家の本業は酪農ですが、毎年8月に蒸留業者のグヤール氏を呼んでカルバドスを作ります。薪を使った直火焚きの蒸留など、昔からの製法を頑なに守り続ける2代目のローラン・シャル氏。まろやかな味わいと柔らかな樽の香りが楽しめるカルバドスです。(裏ラベルに記載)

ルゲイ家 50年 【取扱終了】

Ange Giard's Domaine Legay 50YO
Image01
Image02
  • 国名フランス
  • 地域ノルマンディー
  • 容量700ml
  • 度数41度
  • ビンテージ
  • 参考小売価格(税抜)オープン

カルバドスの産地であるノルマンディー地方は第二次世界大戦の激震地でもあり、略奪や畑の荒廃のために50年以上の古酒を見つけることは非常に困難です。この貴重なカルバドスは、現主人ディディエ・ルゲイ氏の祖父コンスタント氏と父レミーによって50年前に作られたもので、地域色が強く感じられます。現在も120年は使っているであろう同じ蒸留器を使い、昔とほとんど変わっていない同じリンゴを育ててカルバドスを蒸留しています。また1年間熟成されたリンゴ100%のサイダーを使うため、青緑がかった琥珀色をしています。非常にバランスが良く、強めの酸とクリーミーな舌触り。長い余韻と品の良い甘さが、50年の重みを感じさせてくれます。デキャンタ入り、1本ずつに証明書が付いています。